LOG IN

アキラ出版からのお知らせ

by 長尾彰

お知らせです。

本日、アキラ出版から4冊目の本が出版されます。

株式会社ツクルバの創業者、中村真広さんと「自分とつながる。チームとつながる。エモーショナルなつながりがつくる幸せな働き方」というタイトルの本をつくりました。

仕事をしていて「なんか違う」って違和感を感じること、ありますか?

会社に行って求められる期待に応えて、それを上回れば高評価を、下回れば低評価を与えられて。

本当はそれをしたくないのに、気持ちに蓋をして「それが働くってことだから」と自分に言い聞かせてみたり。

何をしたいかはわからないけど、したくないと思うことだけははっきりとわかっていて、でもしたくないことからは逃れられないと感じていたりすること。

僕は結構あります。

そして、著者の中村さんにもあったとのこと。

でも、もし違和感を感じた自分にきちんと向き合うことができて、「今の自分は、このありのままの姿でも価値がある。」という実感を保ちながら仕事をすることができたら?

そして、そんなふうに自分に向き合いながら「自己調整」を進めて成長していくスタッフを育むことを大事にする職場が増えたら?

部署は先鋭的な「チーム」として機能して、会社は受容的な「コミュニティ」として機能し始めたら何が起こるだろう?

「自分と他人と世界」の3つとしっかりと繋がっている実感、つまり「成功しても失敗しても、どんなときにも自分には価値がある」という感覚を保ちながら働く環境や文脈が整うと自ずとチームビルディングも進みます。

とまあここまでこう書いてみて、本をつくる過程に携わってきたこともあり、推しの言葉につい熱が入っちゃいますね。

「これから先、わたしたちはどうしていったらいいの?どう働いて(自分と他人と社会とどう向き合っていけばいいの?)」という問いに対して、中村さんの体験に基づいた実際的な「やりかた」と「ありかた」の両方が丁寧に描かれている名著になったと自負しています。

アマゾンさんや楽天さんでも購入できますが、ぜひ書店でお買い求めください。

書店で本を買うと、書店で働いている人たちを励ますことにも繋がります。

ぜひ!

(といいながら近日、電子書籍も手に入れられるようになります。)

どうぞよろしくお願いします。

OTHER SNAPS